コミュコレ!in HOKKAIDO~Community Collection in HOKKAIDO~ supported by アウタビ北海道

Description

会場:札幌文化芸術交流センター SCARTSコート
https://www.sapporo-community-plaza.jp/scarts.php

一口に"コミュニティ”と言ってもいろんな形があります。しかも、北海道は広い!(自治体なんて179もある!)

そんなばかでかい北海道のあちらこちらから、NoMapsを契機として「ステキな独自コミュニティ」を創り出している数多くのコミュニティキーマンが一堂に集まり、それぞれのコミュニティの魅力や流儀を語り合う場を創ります!
"コミュニティが生まれ、成長するエッセンス”を探り、かつ新たなコミュニティや連携が生まれるネットーワークを創ろうという刺激的かつ意欲的なトークイベント!

【出演】
加藤 朝彦

coffee&sharespace[tigris]オーナー。
東京のデザイン事務所に勤務したのち、統計分析を基にしたウェブアプリを開発するスタートアップに入社。クリエイティブディレクターとしてコーポレートブランディングを担当しながら、プロダクトのUIUX設計、開発マネジメントや広報・マーケティング戦略立案など横断的に携わる。現在は喜茂別町に移住し、リモートでデザインの仕事をしながら地方創生プロジェクトに関わっている。元・喜茂別町地域おこし協力隊。


花屋 雅貴

静岡大学大学院を卒業後、小さなころからの夢だったゲームプログラマーとしてキャリアを開始。その後モバイルベンチャーに転職し、コンテンツディレクター、管理職と進み、2010年に独立。独立後はゲーム開発、動画配信サービス等を手掛けつつ、岡山県西粟倉村、北海道厚真町で地方創生事業にも携わる。メンタリングや対話を通じて、経営者や起業家の思考の明確化、全体像の整理を促すのが得意。現在はエーゼロ厚真取締役。


山形 巧哉

1979年 北海道森町生まれ。地元、森高等学校卒業後、森町役場へ入庁。現情報システム担当。街に無いものを自分たちで創るをスローガンとし、ものづくり団体「ハウモリ」を町内で立ち上げ街を「いい感じにする」ことをライフワークとしている。内閣官房オープンデータ伝道師/総務省地域情報化アドバイザー。


山崎 啓太郎

グラフィックデザイナー。株式会社プリオンデ代表取締役。EBETSU SECOND PROJECT代表。江厚別町副町長。高校生農業プロジェクト「アニマドーレ」のメンバー。NoMapsメインビジュアル・ロゴをデザイン。2011年より江別市へ移住、主な活動は「行政ができないこと」をモットーに第2市役所「EBETSU SECOND PROJECT」での独自のプロモーション、江別市と厚別区を合体させた仮想都市「江厚別町」、江別市内で子どもから大人も楽しめるDJイベント「Brick Party」など。マチを遊びながらコミュニティ+グラフィックを提案するグラフィックデザイナー。 活動紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=Vi5tnxX6cE4&t=1144s



須藤 か志こ

北海道釧路市を勝手ににぎやかす団体「クスろ」代表。一般社団法人ドット道東理事。公立はこだて未来大学情報デザインコース在学中。月に一度は函館から釧路に帰るなど北海道の東側を駆け回る生活を続けているため、家族に心配されている。好きなものは「アイドル(特にハロー!プロジェクト)」「岡村靖幸」「古本・古雑誌」。


清水 省吾

1986年生まれ。里山部代表。15年間の山ライフ。コウモリ研究兼木のプロデューサー。この3年、山に一人でいることが多く、常にコミュニケーション不足。半自給自足に近く、ヘビとか食べて昼飯代を節約する。キコリがベースだが木を伐らないキコリ。つまり、ただの無職の山に生息するおじさんが近い。山を所有し、自分の木から家具をたまに生み出す。自分の土地を貸し出す森林シェアも行う。


立川 彰

1980年静岡県生まれ。民放テレビ局の番組ADから2008年独立。2012年千葉県船橋市で映像制作会社キロックムービー設立。2016年地域おこし協力隊として北海道津別町に移住。SNSを利用した地域映像メディア「道東テレビ」を立ち上げ、2019年株式会社化。
地域活性のため、津別町でコワーキングスペースやシェアハウス、シェアスクール、レンタルキャンピングカー、生配信スタジオ、カフェバーを運営する「JIMBA」計画もスタート!

川口 洋史

マスコスモ合同会社、代表取締役社長。「魚食系男子project」と称して魚食普及や地域振興を目的とした活動を続けてきたが、2019年7月に事業化。鮮魚の直販、加工、イベント企画・運営での収益を、地域や社会への再投資をする事で持続可能な漁業経営・持続可能な社会の実現を目指していく。企業理念は「オイシイ。でツナガリタイ。」食を通じて素敵な人達が繋がる事で、これからの時代を素敵に生きていきたいと考えております。


林 匡宏

1983年大阪府吹田市生まれ。札幌、江別、渋谷など全国各地でまちづくりコーディネーターとして街のビジョンや将来像を描きまくっている。街を面白く魅力的にできる人や企業をつなぎ、国や自治体と話し合いながら、地域課題を解決したり新しい価値を創造したり…。月の半分は江別市内でゲストハウス「ゲニウス・ロキが旅をした」を経営し、もう半分は渋谷区で公園等整備アドバイザーとして渋谷区のエリアマネジメント等を推進。commons fun 代表、合同会社loci代表社員、NPO法人ESCS 代表理事、ミズベリング江別代表。あと、ラグビーを少し長めに続けている。30年間くらい。


ソガイ ハルミツ

1973年、北海道開拓時代から5代目の農家として今金町で生まれる。 北海道情報大学卒業後、プロスノーボーダーとして年間300日を世界各地の雪山で活動。父親の他界を機に、 2000年農家を継ぎ、2004年JAS有機認証を取得後、自然循環栽培へ移行。 2007年株式会社シゼントトモニイキルコトを発足。トマトや米をはじめ年間300種類以上の野菜を栽培。 現在各メディアにて、自然栽培のロジックと魅力を発信。活動が「そらのレストラン」のタイトルで映画化。 NPO法人 シゼトモオイコス 理事長を務める。


高臣 陽太

1976年 千葉県千葉市出身。(株)月香 代表取締役。冬の洞爺湖がきれいだったので2003年に北海道洞爺湖に移住。町の無形文化財の獅子舞を継承してみたり、洞爺湖でコスプレイベントを主催してみたり。楽しそうならまずやっちゃえ。がモットーの洞爺湖プロジェクトの仲間と洞爺湖で楽しいこと模索中。


定居 照能

北大法学部卒。総合商社、アクセンチュア財務代表、GEバイオサイエンスアジアCFOなど歴任中、初めて訪れた東川町に一目惚れし、移住を決意。東川町CFOとして、デジタル地域通貨導入・地域国際化・起業家応援等、グローバル経営と地域価値の組み合わせにより、新時代の価値を創造している。同時にIoTとブロックチェーンによる社会インフラ構築や、グローバルキャリア・地域活性化等の講演など、9足のわらじで活動中。


【ファシリテーター/コミュニティ・ソムリエ】
河原あず(東京カルチャーカルチャー コミュニティ・アクセラレーター)
藤田祐司(Peatix)


【主催】
NoMaps実行委員会/Peatix/東京カルチャーカルチャー

【協力】
アウタビ北海道(運営サポート)

※Peatixアプリでの電子チケット利用が便利ですので、ぜひご利用下さい。iPhone、Androidいずれでもご利用いただけます。
※チケット購入後のキャンセルはできませんのでご了承下さい。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#482513 2019-10-11 02:32:49
More updates
Thu Oct 17, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加券
Venue Address
札幌市中央区北1条西1丁目 Japan
Organizer
東京カルチャーカルチャー
20,579 Followers